• 古屋健太

芍薬(シャクヤク)の栽培

最終更新: 5月14日

小池えのきでは、シャクヤクとトルコギキョウといった切り花の栽培も昔から行っています。


鍋にいれて食べることが認知されているえのきたけは、夏になると消費量が大きく減ります。弊社でも冬の半分以下の生産量になるため、工場が休みの日も多くなります。


通年を通して安定的に従業員さんを雇用するために始めたのが花の栽培です。


9月~2月 えのき需要期

4月~5月 シャクヤク

6月~8月 トルコギキョウ


このように栽培計画がちょうどよくはまります。





10回の閲覧

株式会社 小池えのき 〒383-0051 長野県中野市大字片塩183 tel: 0269-26-0038

© 2020  koikeenoki